虹のクジラatきつきから1年、淡路島へ

台風から続いての大雨、きつき国東半島周辺は大丈夫でしたが、北部福岡の被害に遭われた地域の皆さんのご冥福をお祈りします。

時に気象は、痛みを伴う厳しい現象として、私たちに地球に生かされていることを思い出させてくれます。

地球へのおわびとカンシャを込めておこなった「虹のクジラのおマツリ」から1年がたってちょうど何か書いてみようとしていた時の大雨だったので、今改めて発振してみようと思います。

 

ちょうど昨年の7月3日に「虹のクジラのおマツリ」というイベントを杵築市の住吉浜で開催してから、1年が経ち、先日久しぶりに住吉浜に行って、その空気感を思いだしながら、怒涛のように色んなことがあっての今、まるで3年以上は経ったような不思議な感覚を味わいながら海水の気持ちよさに少し砂浜を散歩してきました。

去年は私自身が余裕がなくって、写真とかもブログアップしてないままだったから、遅ればせながら少しだけシェアします☆

このイベントもプラネタリィ ライフ スクール(PLS)というウータン(000グローバルビジョン主宰/兵庫県)の研修を通じて出合い、直観的にきつきの地元の海でしようと決心し、姉や家族、KUHでウータンの研修を通じてであった仲間たちに声かけ、共に創るという初めての体験へのチャレンジでした。

暑い中大変だったし、初めてのことだらけで色々反省もあったけれど、ハリマからのウータンのよびかけで集まった旅の学校ツアーのみなさんや、大阪、広島、九州各地からかけつけてくれた虹のクジラのスピリットでつながったみんなが集い協力し合った、タマシイが震えるほどシアワセな一日でした。

西日本各地から集まった子どもたちの多くは、公学校には行っていないデモクラティックスクール、ホームスクールなど手づくりの育ちの場を選択した子どもたち、そこにきつきの地元の小学校に通う子たちも混じりあって、大人たちがスコップで13メートルの砂の虹のクジラをつくっている、その砂に水をかけてかためるお手伝いをしたり、遠浅の海であそんだり、、

虹のクジラの手づくり紙芝居を読んだり、楽器の演奏やフラを踊ったり、あんなに多種多様な人たちが大人も子どももどんな立場も地域も超えて無邪気な子どものようにそれぞれのハタラキや遊びに夢中になったそのエネルギーは地球とその守り手クジラたちへのおわびとカンシャとして届いていたのでしょう。別府湾にクジラがハートの尾びれをあげて泳ぎにきている写真が後日のっていたことも灌漑深いことでした。

その様子はきつきのケーブルテレビで放映され地元にもKUHの活動を発振する機会ともなりました。

この下のは昨日の住吉浜。久しぶりに訪れた海は昔から変わらない地球の営みと、虹のクジラのおマツリで、西日本各地から集ったみんなのハートからの地球やクジラへのおわびとカンシャの想いがフィールドに充ち満ちていて、優しい穏やかな気持ちに包まれ日頃のつかれが癒されていくようでした。

 

その後自然発生的に起きてきた色んな体験から、証明はしようもないけれど、確かにフィールドシップのハタラキってあるんだな、と観じることがいくつもありました。

このイベントに参加したまちづくりのリーダー(同級生)が、直後に決断し始めたきつきマルシェは1年たって、みんなの力があわさり、地元に手づくりで地域をもりあげようとする人たちのつながりが根付いてきつつあったり、

実行委員会として協力してくれていた福岡SORAの友人を通じて、よっぴー&まりんの九州ツアーが直後から始まり、各地から参加してくれていた仲間も各県で主催し、九州に学校以外の自由な育ち方を選択できる人たちの点がさらにつながり拡がっていったり、

大阪から子どもたちの遊ぶ助っ人でつながり始めていたゆうじくん、かめちゃんがその後、遊悠自適として、本格的に学校以外で育つ子どもたちの支援を仕事にしていこうと活動を始め、7月もうすぐよっぴーまりんの九州ツアーに託児での同行をするようになったり、

宮崎からの参加者の仲間たちで、ウータンのワーク&セミナーも同時開催されるところまで拡がっていったり、まだまだ書ききれないたくさんの変化を、

日々あちこちから確認できる毎日はイツノマニか豊かさや自由さの空気感が身近なところにも徐々に浸透してきているのを観じます。

この虹のクジラのおマツリ、きつきにも来てくれたウータンの娘こころちゃんとその子ども空一くん、妹いのりちゃんがムラづくりをしながら暮らしている淡路島で、9月23日(秋分の日)に開催される予定です。

わたしたちも姉や子どもたちと参加したいと思っているので、よかったら一緒に参加しませんか~♪ こころちゃん、いのりちゃんも公学校以外のデモクラティックスクールまっくろくろすけで育ち卒業、自給的な暮らしや手づくりの育ちの場をつくろうとしている彼女たちに出会うだけでも、勇気や希望がわいてきますよ!

11、12日のウータンのセミナー&ワークでも、デモクラティックスクールで育った4人の子どもさんが成人してからのお話や、4人のお孫さんの天真爛漫な育ちのお話もきけると思います。一応今日までの申し込みにしていますが、もしまだ参加したいと思われる方いたら、どうぞご連絡ください。可能なかぎり受付したいと思います。

長い文さいごまで読んでいただきありがとうございます☆☆☆

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中